診療案内

一般診療について

あっぷる病院の診療

当院では、飼い主様とのインフォームド・コンセントを重視し、治療計画・治療方針を決めさせていただいております。 男性獣医師・女性獣医師それぞれ1名ずつの2名体制で診療にあたっております。 ワクチン接種などの予防医療をはじめ一般内科/一般外科治療など犬・猫の診療全般はもとより、食事指導についてもペット食育協会認定指導士が専門的な立場から飼い主様にアドバイスを行っております。
また、当院では犬猫だけでなくエキゾチックアニマルの診療に力を入れて取り組んでおります。 特に飼い鳥の診療については、鳥類専門病院にて研修を行い、積極的に学会やセミナーなどに参加しております。

診療対象動物

  • ※1 エキゾチックアニマルの診療対象動物
    うさぎ、フェレット、ハムスター、チンチラ、モルモット、デグー、ジリス、プレイリードック、リス、ハリネズミ、フクロモモンガなど
  • ※2 飼い鳥の診療対象動物
    セキセイインコ、文鳥、ジュウシマツ、キンカチョウ、カナリア、コザクラインコ、ボタンインコ、オカメインコ、アキクサインコ、サザナミインコ、オキナインコ、コガネメキシコインコ、ヨウム、ハト、ウズラ、ニワトリなど
  • ※ 上記の記載の動物以外の場合は、ご相談下さい。
  • ※ 野生傷病鳥の診療は行っておりません。

診察時間について

一般診療

月曜日~金曜日【午前】8時~12時まで 【午後】15時~20時まで
土曜日【午前】8時~12時まで 【午後】15時~17時まで
日曜日【午前】8時~12時まで
  • 平日/土曜日の昼12時から15時までは、手術/往診/特殊検査の時間となります。 この時間帯に診察希望の方は必ず、事前に電話にてご確認ください。薬、フード購入は対応可能です。

時間外診療について

まずは電話にてお問い合わせ下さい。(TEL.017ー766ー0506)
当院にて加療中の患者様は優先的に対応致しますので、カルテ番号とお名前を電話にて伝えてください。
電話にて問診し、緊急と判断した場合のみ診療いたします。
特に以下の症状がある場合には 緊急対応となります。

呼吸困難、てんかん発作、異物誤飲、意識混濁、虚脱状態、急性アレルギー症状、起立困難 歩行困難、持続的な出血、交通外傷、持続的な痛み、突然の腹部膨満 など

基本的に獣医師のみの診察となるため、飼い主様のご協力が必要となります。
また場合によっては応急処置、対症療法のみの対応となることがありますのでご了承ください。

※ 時間外診療費が別途かかります。
※ 防犯上の理由からクレジットカードでの精算をお願いいたします。
※ 当院は夜間救急病院ではないことをご了承ください。

特別診療・診療サービス

特別診療及び診療サービスも上記営業時間にて行っておりますので、随時お問い合わせください

特別診療

往診
往診は予約制となります(往診時間|平日・土曜日の12時~15時まで)。
下記のような方は是非ご利用ください。
※ 飼い主様が高齢者、身体の不自由の方の場合
※ 動物を車に乗せることができない場合(中型/大型犬、歩行困難、起立困難など)
※ 多頭飼育で連れてくることが困難な場合
専門機関へのご紹介
動物の病状によっては大学病院などの専門機関にご紹介をいたします。
統合治療(要予約)
当院では特に椎間板ヘルニア(内科治療、外科治療では改善しないケースを含む)、関節疾患などを対象に薬剤治療だけでなく、鍼、温灸、各種漢方薬などの 代替医療を組み合わせて治療を行っております。